スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東日本・関東大震災に接し」

シストレ総研谷中です。表題の通り、大変な事態となっております。先ずは、今次災害によって落命された方々ならびに、そのご家族の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。
仙台の大学を卒業したこともあって、被災の中心地である宮城県は私の第二の故郷であり、友人知人も多く暮らしております。一部の方々の安否は確認できましたが、何人かは消息が不明の状態です。胸のうちで無事を祈るのみです。

このような大災害に遭遇しますと、人の世の暮らしで何が一番大切なのかを思い知らされます。先ずは命、命を支える物資、社会を陰で支える電力や交通等のインフラ。平時の状態ではめったに気にかけないことばかりです。テレビ番組に接しても、馬鹿げた番組は当然のことながら鳴りを潜めました。目立って前へ出てくるものは、本当は必要ないのですね。大切なことは普段の暮らしの底辺にあるのだと思い知りました。享楽が過ぎた現代社会への警鐘だと個人的に受け止めております。

海外の友人からも暖かい励ましをたくさん受け取りました、大変ありがたいことです。彼らに謝意を表するとともに、「日本の底力を見ることになるよ」と、自らを鼓舞する意味も込めて返答を返しています。自分で出来ることを今やらなければなりません。家族を守りながら、淡々と普段どおりに仕事をこなしたいと考えています。今この時も被災者の命を救い、災害現場を復旧させ、非常時をものともせず社会システムを運用している同胞に思いを馳せれば、どんな時も自らの職分を全うすることが大切だと感じられるのです。

被災者の皆さんに心を寄せながら、こんな時こそ平然と生活を送る日本人でなければ、海外の友人たちに胸を張れませんもの。
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

「驕れる者は久しからず」

こんにちは、シストレ総研谷中です。
中東情勢が混沌としており、その影響がアジアにも少なからず波及してまいりましたね。弊社は、相場をテクニカルに観る事を主眼には置いておりますが、私自身は政治経済のマクロ分析に大変興味があります。それも、政治に重点を置いた情勢分析であり、日本ではいささか否定的に受け取られている地政学に関心があります。きっかけは高校時代に読んだ岡崎久彦氏の「国家と情報」という新書でした。私の高校時代は、学生運動の残滓が未だ残っており、実際に担任教諭(後で知ったのですが、革マル派の有名な闘志)が校門前で襲撃されたりもしていました。いやおうなく、国家や戦争について考えさせられていたのだと思いますが、そのような青春時代に出会った一冊が岡崎氏の著書だったのです。その冷徹な現実論に大変共感を覚え、地政学という学問領域があることを知ったわけです。左右で割り切ることに嫌悪感があり、何か別の見方を胸中模索していたのだと思います。

大学時代の専攻は経済学でしたが、折にふれて国家戦略や政治について関心を抱き続けてまいりました。昨今の日本を取り巻く情勢の流動化に、国内政治の混沌と経済状況も併せて、金融相場への地政学的影響が日増しに大きくなっていくだろうと推察しています。今回の表題は歴史の普遍的教訓ですが、現在「驕れる者」とは一体誰でしょうか。古今東西の歴史は「驕れる者」を軸とした時間の流れであり、「驕れる者」の覇権が軋轢を生み、戦争を引き起こしてきたと考えられます。1980年代の日本はまさに世界に軋轢を生み出しました。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と謳歌し、その独り勝ちが経済戦争を引き起こしました。結果、世界中がその日本を封じ込めることに意義を唱えず、日本叩きが「正義」となったのです。ことは善悪の問題ではなく、ある一国の国益の過剰な増大が世界全体のバランスを崩し、他国の国益を著しく低下させることが咎められ、リバランスされたのだと思います。この時代を覚えていらっしゃる方には、今の「驕れる者」が誰かは容易に想像がつくでしょう。その当時の日本に良く似ていますものね(笑)。その国の賢明なる政府は、現在の中東情勢をどのように捉えているのでしょうか。「民主化は正義」という国際世論を認めることが出来るでしょうか。「正義」の好きなあの国はどういうシナリオを持っているのでしょうか。国家間ゲームにおいて、日本はその国益を増大させることができるでしょうか。それともゲームに参加すらできずに忘れられるのでしょうか。国内政治を見ているとそんな危惧を抱かざるを得ませんが・・・。

「驕れる者」を軸にして、その意思がどのように拡大し又収束するのか。アンバランスとリバランスの流れの中で予想されるシナリオが、どのように金融市場へ影響するのか。善悪に捉われず、過度な楽観や悲観に陥ることなく、冷徹な眼で情勢を見極めたいと考えています。その際に私が念頭に置いているのが今回の表題であり、歴史が与えてくれた盛者必衰の理なのです。今後何回かに分けて、極東アジアの地政的問題を分析していこうと考えております。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

「2011年新年にあたって」

皆さん、明けましておめでとうございます。2011年最初のブログ更新です。

冒頭から私事で恐縮ですが、今年は年男にあたります。後12年で人生を一周しますので、今年からの12年間を有意義に過ごしたいと年頭に誓いました。本年は陰陽五行でいうと「辛卯(かのと・う)」であり、植物に例えれば、「一旦枯れた植物が芽生えて、再生する」という意味があるそうです。60年前を調べますと、敗戦を経てサンフランシスコ講和条約の批准で日本が国際社会に復帰した年ですから、この謂れもうなずけますね。従来から株式相場とは相性の良い年回りと言われていますが、為替相場にとってはどうでしょうか?上の謂れに基づけば、何か古い秩序が壊れて、新しい枠組みが見えてくる年なのでしょうか?そう考えますと、近年の欧米先進国の弱体化と新興諸国の台頭もうなずけます。

ドル円で申し上げますと、昨年は93円で始まり、ドル高値95円を見てからは、再び上がることなく80円24銭のドル安値を見ました。上下の値幅約15円で、トレンドを追いやすいドルの下げ相場だったと思います。このコラムでは相場予想はしませんでしたが、年頭でもありますし、今年のドル円相場予想を書いてみます。
トレンドは戻り相場のドル高。第一四半期に84円の後半を超えれば、第二四半期で88円までの戻りと予想します。この水準は、昨年の値幅の半値戻りですね。その後90円後半を強くブレイクすれば99円手前まで、ブレイクしなければここが今年のドル天井と予想します。

当るも八卦当らぬも八卦。それでは、みなさん今年も宜しくお願い申し上げます。

テーマ : FXでシステムトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

「韓国セミナー 日本のEAを世界へ!」

みなさん、こんにちは!シストレ総研谷中です。前回のブログでお話いたしました韓国セミナーですが、盛況のうちに終えることが出来ました。主催者のEUGENE先物会社のセミナー会場には、およそ100名近い方々にお集まり頂き、夜7時からのセミナーにもかかわらず、10時近くまで質疑応答が盛り上がりました。

韓国は、法令により日本に先んじてレバレッジを20倍に制限し、建玉の最低単位も10万通貨単位以上に制限されています。建玉の単位が下がれば取引高も拡大すると、主催者のEUGENE社の幹部は嘆いてらっしゃいましたが、投資家の方々の熱意はなみなみならぬものがあり、特に弊社の自己運用の結果に大変興味をもっていただきました。このセミナーが決まったあたりから、結果はどうあれこのセミナーで韓国の皆さんに開示しようと考え、USD建による自主運用を開始しました。結果は現在のところ月利10%程度で回っておりますので、韓国の皆さんにご紹介してもご納得いただくことが出来ました。このブログをご覧の皆様の中でも、弊社の運用にご興味ある皆さんは当サイトのお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

申し上げたように、韓国では最低取引単位が10万通貨単位ですので、その取引単位に合わせて弊社のEAを検証した結果、「EVA-01」、「PRO-01」、「KILL-04」が大変良いパフォーマンスを出すことが分かりましたので、これら三つのEAを韓国の皆さんに推奨してまいりました。日本においても大口取引を指向される皆さんには、有効なEAではないかと考えております。こちらのEAも「Signal Bank」よりご参照下さい。

おかげさまで、EUGENE社において弊社EAの採用が検討されております。近いうちに、EUGENE社サイトで弊社EAを販売する予定です。今後は韓国以外に、香港・上海でも弊社EAのプロモーションを行う予定です。アジアでは、日本のEAは先進的だと考えられていますので、海外で腕を試したいEA製作者の皆さん、どうぞ弊社に自慢のEAをお寄せ下さい。

日本アニメのように、日本発のEAをアジアに向けて発信しましょう!

テーマ : MT4自動売買
ジャンル : 株式・投資・マネー

年金ロボット

皆さんこんにちは!ご無沙汰しております、シストレ総研谷中です。久しぶりのブログ更新ですが、このところ何かと忙しかったというのは言い訳ですね・・・。諸葛亮君が前回ご紹介しましたように、韓国行きの準備や他のプロジェクトが立て込んだのは事実なんですが・・・。それはさておき、韓国セミナーの結果は改めてお伝え致します。不景気の日本に韓国の熱気を持って帰って参りますので、どうぞお楽しみに。
さて今日の表題は私事も交えてお話いたします。夢物語と思ってお読み下さい。実は最近ショッキングな事がありました。年金機構からの通知書です。将来の年金支給予想額が書かれてあったのですが、大変ショッキングな数字でした。夫婦二人で食べていくのがやっとです。家内と顔を見合わせて、「お酒を控えよう!」と誓い合いました(笑)。冗談はさておき、年齢的に折り返し地点を過ぎた身としては、背筋が寒い限りです。しかしながら、このブログでお上を責めても仕方ありません。ここからが夢物語なのですが、一日10ピップ(ドル円で10銭)稼いでくれるトレードシステムがあればいいなあ、というお話です。分かりやすくドル円で申し上げると、1万ドルの建玉で利益が一日1,000円、10万ドルで一日10,000円。保守的にレバレッジ10倍として、必要証拠金はそれぞれ約10万円あるいは約100万円(概ね100円/ドルと考えています)となります。100万円の証拠金を積んで、システムにお任せすれば毎日1万円稼いでくれる!なんて素晴らしい運用ロボット!リスクを可能な限り抑えるために、証拠金にもっと余裕を持たせて300万円くらい積んでおこう!毎日1万円稼いでくれれば、夫婦二人で食べるのには充分。年いったらあまり食べませんしね(笑)、贅沢もしませんしね(笑)。

これこそまさに「年金ロボット」 

以上は夢物語なんですけどね。しかしながら、これからの日本ではこんなニーズあると思うんですよ。私自身が今回切に実感しましたから。少額でよいからコツコツ稼いでくれる運用ロボット。必要に応じて利益分は引き出しますから複利にはなりませんけど、その分無用なリスクもとらずに、老後の身を養うだけでいい。やっぱり夢ですかねえ。

テーマ : FXでシステムトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

システム開発者募集
検索フォーム
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション
販売中EAフォワード結果
免責事項
※外国為替証拠金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に十分内容を理解し、ご自身の判断でお取引ください。尚、掲載内容は情報提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。

※本サイトで掲載されている情報は、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。 また、弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。